4月、5月の引っ越し事情

4月、5月に引っ越しすることが突然決まってしまいました。
賃貸契約の何で決まっているのかはよく分からないのですが、1DKの間取りで、家族3人は住めないらしいとのことです。コルクル

今まで8畳プラス4畳の1DK(契約上はなぜか1K)の家に主人と2人で住んでいました。
元々持ち物も少ないし、そんなに家にずっといるような生活もしていなかったので、必要最低限のこの家は2人では十分でした。
しかも、駅から徒歩5分、築3年の超好条件の家で…もちろん家賃はそこそこ高いのですが住みやすい家です。
商業施設などどんどん開発される傾向のある地域のため、家賃相場も上昇、徒歩数分でショッピングモールなどにも行けてしまう本当にいい家、だったのですが、引っ越すことになりました。
昨年娘が生まれたため、家族3人には少し手狭なのに加え、契約上この間取りで3人はダメだとのことで、急遽引っ越しをすることになりました。

主人の希望は、
1、駅10分以内
2、築10年以内
3、家賃は今と同じくらい
4、1LDK以上
とのことですが、そんな物件ほぼ皆無です。
有名賃貸サイトや、ちかくの不動産屋に連日問い合わせをする日々です。

4月からの新生活に向けて3月末頃には、好条件の物件は埋まってしまい、4月5月の引っ越し先を探すのは意外と大変です。
不動産屋さんによると、
「好条件の物件からどんどん減る一方の時期なので、いいと思う物件はとにかく早く申し込んだ方がいいですよ。案内は出来ますが、他の方がお申込みされればご案内できなくなります。」
とのことでした。
主人にその話をすると
「そんなの申込みしてもらうために言うのは当たり前だから」
と呑気に構えていました。

数日後同じ物件の内覧を申込みしようと不動産屋に連絡をすると
「申込みが入りました」

とにかく焦っている私に対し、のんびりして注文ばかり多い主人。
未だに引っ越し先が決まらず、GW突入し終了目前です。

新築建売を購入しました

数年前に新築建売物件を購入しました。もともとはアパートに住んでいました。

しかし、家賃と住宅ローンがあまり変わらないだろうということから、戸建ての購入を考えていました。

購入すると決めてからは、いろんな物件を見て回りました。立地や間取りなど、なかなか気に入るところがありせんでしたが、やっと希望の新築建売に出会えて即購入を決めました。

決めてからは本当に早くて、2ヶ月弱で引っ越し、入居しました。

子育て真っ只中の我が家は、アパートに住んでいる時、泣き声や足音などを気にしていました。でも引っ越して戸建てになるとそのような面では気にすることなく住めて、気が楽になりました。

その他にも戸建てに住んで良かった点はいくつかあります。アパートのときはご近所の方々と挨拶を交わす程度でしたが、戸建てに住んでからご近所の方々と程良く付き合いができているということです。永久脱毛

アパートに住んでいる時は、隣に何という名前の方が住んでいるのかさえ知りませんでした。でも現在は町内会に入って、ご近所の方と顔見知りになれました。

物騒な世の中なので、子どもの名前を覚えてもらうことで犯罪に巻き込まれることを防げるのではないかと考えています。

経済的には家賃と住宅ローンはそれほど変わりません。しかし、固定資産税が増えました。また、屋根や壁を塗りかえることを考えて、貯蓄もしていかなければいけません。

そう考えると、月々の支払いはあまり変わりませんが、持ち家の方がお金はかかると思います。

でもやっぱりマイホームを購入して良かったと思っています。建売住宅なので間取りは決められませんでしたが、自分の好きなように家具を配置したりコーディネートしたり楽しいことが多いです。

我が家は収納が多く、その点が気に入っています。しかし収納が多いと物も増えていくことに気が付きました。断捨離しながら、素敵なマイホームにしたいです。

私のマイホームの探し方

私のマイホームの探し方

 

私はマイホームを購入するときに、いくつかの物件を見て回りました。中古マンションや新築マンション、戸建ても見ました。

中古マンションに行った時には、実際に中を見られてよかったです。ベランダから眺望を楽しむこともできましたし、上下左右にどんな人が住んでいるのかも分かりました。

中古マンションだと、すでに完成して人が住んでいる状態で見れるので、実際に住んだ時のイメージがしやすいです。

築年数は15年くらいでしたが、割りと綺麗でいいなと思いました。

でも、修繕費と管理費が結構割高でした。住宅ローンに加えてそれらの支払いはキツく感じました。また、うちは車を持っていましたが、駐車場も高かったです。

駅に近いので仕方ありません。そういった理由から、このマンションは諦めました。

番人くん

その他新築マンションのギャラリーにも行きました。親切に説明してくれましたが、やはり値段が高くて諦めました。

一方、戸建ては、中古と新築を含めいくつか見て回りました。中古の戸建ては結構年数が経っていて、はじめに見た中は綺麗とは言えない状態でした。

畳も日焼けしていて、タンスを置いていた後がくっきりついています。また、間取りも古い感じであまり住みたいとは思えませんでした。

新築の戸建ては、まだ着工まで時間があるので、図面に書いてある間取りの変更もできるということでした。それが気に入って、真剣に考えました。

でも、周辺の道がとても狭いのと線路がすぐ隣を通るのが気になって、やめました。

その後、また中古の戸建てを見ましたが、そこは築年数が2年しか経っておらず、とても綺麗でした。駅から坂がなくて来れるので、とても便利でした。

気になったのは日当たりです。南側に家があるので、リビングがとても暗いのです。また、ベランダから西向きで洗濯物が乾くか心配でした。

でも、他の面がよかったので、その中古の戸建に決めました。

もう一つこの物件に決めた理由に、戸建てを民泊ビジネスに転用すると非常に高い利回りを期待できると知ったからです。

私の場合、長期出張が多々あるため、出張時に空き部屋をこの民泊として貸し出せないかと考えたからです。

民泊というとエアビーアンドビーが有名ですが、私もこのエアビーアンドビーにホスト登録するつもりです。

ただ問題は出張して時に貸し出すということは、エアビーアンドビーでの運用は第三者に任せる必要があるのです。

そこで色々とエアビーアンドビー運用代行について調査しました。

結構な数のエアビーアンドビー代行会社あり、サービスや価格も色々です。私の場合は、不在でお願いするため、丸投げできる会社を探す必要があります。

まずはしっかりと情報収集をして、自分の運用スタイルにあって代行会社を探すつもりです。

離婚の原因の一つであった嫁の母親

離婚の原因

早朝からの仕事で思考能力もほぼないのではというような疲弊した状況で家までの帰路をダラダラ車を走らせる。

午後9時前。

そろそろかと自分の駐車場に車を入れようとするもまたあの車が停まっている。嫁の母親の車だ。

嫁の実家はここから車で5分ほどの距離だ。嫁の母は孫の顔見に来たとか、娘の家事の手伝いに来たとかほぼ毎日来ている。

最初は車を路上駐車して帰宅していたが、顔を合わすと何かしら僕の小言やら文句をぶつけ、何か獣を見るような目で僕を見て帰って行く。

そんなことが何日も続くとさすがに家には入れない。僕は嫁の母親が帰るまで町中をグルグルと宛てもなく走り回る。

そんな日々がもう何か月も続いていた。嫁にとっては頼りになる母親である。

まだ小さな子供2人を見てもらったり家事を手伝ってもらったりと楽になることが多いだろうが僕にとってはストレスでしかない。

結婚当初は収入も少なく頼りない面もあった。その時から嫁の母親の僕に対する態度はキツく馬の骨とも言われた。

僕はそれから必死に働いた。会社に認められ2か月おきの昇給が6回も続き役職も付いた。認められたかったのか見返したかったのか…。

結局は僕が何しようと気に食わないのだなということに気づいた。嫁とも喧嘩が多くなっていった。いくら嫁の分が悪い喧嘩でも娘の母親。

娘が悪かろうが娘の味方なのである。何があっても僕が悪い。この家庭の諸悪の根源はすべて僕。家族といるのに酷い孤独感。

子供たちのためと考えてもこのままでは自分が潰れる。嫁に離婚の意思を伝えた。嫁が慌てて母親に連絡する。数分後嫁の母親が部屋に飛び込んできた。

お母さん喜ぶんだろうなと思っていた。しかし思い直せと必死に説得してくる。世間体だのなんだのって。きっと僕を苛めて楽しんでいたのかな。