賃貸マンションの家賃について

賃貸マンションの家賃は、どんどん安くなっていきます。以前住んでいたマンションは、10年前と比べると14,000円値下がりしています。敷金や駐車場代は変わりません。

途中で、不動産会社が変わりました。空き部屋が目立ち始めたころに変わりました。住民にとっては、何の変化もありませんでしたが、家賃が低くなったようでした。どんどん空き部屋が埋まっていき、にぎやかになりました。ファティーボ口コミ

引っ越しで入れ替わりの多いマンションで、多い月には2件の引っ越しがあります。転勤族の方の利用が多いことと、一戸建てやマンションの購入で引っ越しをされていく方がほとんどです。

引っ越しが多いことは変わりがありません。マンションが嫌いになって引っ越しをした話は聞いたことがないくらいの、住みやすいマンションでした。賃貸マンションとしては、3LDKで、他のマンションと比べても部屋が広くて収納が多くありました。

他にマンションを購入して引っ越した方の話を聞いても、このマンションは収納が多かったようです。購入したマンションは、収納が少なくて、引っ越しで荷物が入らないと悩んでいました。

廊下についていた、広々とした収納はほこりが入りにくく、見やすく使いやすい棚が並んでいました。扉が付いているので、お客さんが来ても気になりませんでした。

家賃は、最上階や角部屋は値段が高くなっています。月1,000円ですが、1,000円払っても住む価値はあります。騒音や窓からの眺めなど、1階違うだけでもかなりの差がありました。

私は、またこのマンションに住めたらいいなと思っています。値下がりした金額で住めるのは、お得感があります。築20年近くになりました。

引っ越しがあるたびに、内装はきれいにされていて、外壁もきれいなので、まだまだ住むのには十分なマンションだと思います。

このマンションオーナーさんはここ以外にも、駅に近い利便性の良い場所にもマンションを持っているそうです。

そこでは一般の賃貸と併用して、民泊ビジネスを行なっているそうです。

そのため旅行者の宿泊先となるため、多種多様な外国人が出入りしていて、国際交流を行うことができるちょっと変わったマンションとなっているそうです。

やはりそのマンションもとても人気があるようで、マンション経営はオーナーによって色々あるのだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です